美味しい馬肉の部位をご紹介します!

美味しい馬刺しはやはり鮮度が命だと思います。 私は基本的に馬刺し以外でも馬肉を扱った料理はヘルシーであり全部が好きです。 馬肉にも牛肉や豚肉と同様にいろいろな部位があります。 またその部位ごとに適した料理法も違うので、ここでは馬肉の部位を簡単にご紹介してみたいと思います。

馬肉の部位の画像

○たてがみ
まずは馬のたてがみの部分にあたるコウネですが、ここは牛肉・豚肉・鶏肉などにはない馬にしかない部位なんです。甘みや歯ごたえがあってゼラチン質が多く含まれています。 口に含むととろけるような旨さで人気があり、馬刺しとして食べられます。ちなみに貴重部位。

○ネック
ネックはその名前の通りの首筋に当たる部位です。 ネックの肉質はやや硬めのため、煮込み料理にむいていますよね。

○ブリスケ
ブリスケと呼ばれる部位はネックより下で前脚の脇あたりの部位になります。 肉には霜降りが入っており、ややコリコリとした食感ですが、馬刺しとして食べれば美味しい部位です。

○肩ロース
馬の肩ロースは牛肉と同じ部位に当たります。 さっぱりとした味なので、馬刺しをはじめとする焼き肉やしゃぶしゃぶにもむいている部位です。 また肩の部位は馬刺しに使うこともありますが、硬い部位は主に煮込み料理に使います。

○ヒレ
ヒレといえば馬肉の中でも赤身の代表格の部位。 馬刺しをはじめとするステーキや鍋物にも美味しい部分ですよね。

○フタゴエ
フタゴエは馬肉特有の呼び名です。 部位はお腹の下の方のあり、あばらの近くにある部分です。 赤身でコリコリとした食感があり、馬刺しにも最適ですがユッケも旨いです。 フタエゴは1頭からわずかしか取れない希少部位。

○バラ肉
バラ肉はサシが入って甘みもあり焼き肉などに向いていますね。 とくに三角バラは最高級の霜降りバラです。

○ロース
馬刺しとして最もよく食べられる部位がロースです。 ロースは牛肉同様に馬でも人気の部位で、赤身に霜降りの良質の肉は柔らかく美味しい部位です。

腿から腰にかけての部位をブチアテと呼びます。 この部位は脂肪が少ない赤身で、馬刺しやステーキにも用いられる部位。 他にも、内ももや外ももなども脂肪が少なく馬刺しに用いられますね。

馬刺しには向いていない部位はすね肉です。 すねの部位は硬いので、主に長時間煮込むなどして食べられます。

上記のように一口に馬刺しといってもいろいろな部位があります。 馬肉の旨さはどの部位も赤身が多く脂肪が少ないことが特徴! ですから馬肉が高タンパクで低カロリーの食材といわれるヘルシー食品なんです。 以上、美味しい馬刺しを食べるときの参考にしてください。

馬肉専門店【菅乃屋】
おすすめ馬刺し通販
馬肉専門店【菅乃屋】